お知らせ

「洗浄は難しい」とよく言われます。特に自社の洗浄工程で不良が出た際は途方に暮れてしまうかもしれません。やはり目視しにくい工程のため分かり難いのです。間接的でも「見える化」すると、洗浄界面で何が起こっているのかわかってきます。工場で簡便に評価する方法について述べていきます。また洗浄不良をどのように解析し対策したかをいくつかの実例で説明いたします。不良が出た際にまずやるべきこと、陥りがちな行動についても解説します。さらに、当然ではありますが、洗浄不良対策や未然防止、高品質洗浄構築のためには、洗浄メカニズムを理解することが重要です。汚れ、基材、洗浄液と洗浄装置の関係を良好にすることで良い洗浄ができるのです。理論とともに実践でどのように利用するかを説明いたします。セミナー後に「自分でもいろいろできそう」と思っていただけるよう説明いたします。

汚れの種類や目的に応じた洗浄方法の選択と洗浄工程の組み立て方・洗浄不良対策とトラブル対応(テックデザイン社)